美濃大家の会 〜借り手・貸し手・賃貸経営支援の〝三方良し〟がモットー

借り手・貸し手・賃貸経営支援の〝三方良し〟がモットー

美濃大家の会とは、美濃地域(多治見・岐阜・名古屋)を中心とした大家さん、そして大家業を支援する個人及び企業のためのコミュニティーです。
美濃大家の会の問題意識は「大家受難の時代」ということ。昔は大家と言えば大地主で、アパート・マンションを建てれば簡単に入居者が集まっていました。しかし今では人口減少、空室率の増加、新築競合物件の出現などによって大家界も競争が激化。美濃大家の会では勝ち組大家と負け組大家へと二極化が進んでいくと予測しています。しかし、「勝ち負けを分けるのは資金の多い・少ないや経験の有無ではない」と説きます。

  • 大家業を事業として賃貸経営を行っているか否か?
  • 事業を支援する協力者をきちんと保持しているか?
  • 支援してくれる仕組みを持ち合わせているか?

トレンドを常に学び相談できる相手がいる環境が重要である、というのが美濃大家の会の考え方。したがって会では勝ち組大家を増やすために借り手・貸し手・賃貸経営支援が〝三方良し〟となる仕組みを構築しています。

  • 入居者のコミュニティの需要を掴む
  • 大家の仲間から経験・知識を学ぶ
  • コンサルタントや修繕等のプロ集団が大家を支援する

不動産実務検定の講義とセミナーを受講可能

美濃大家の会では以下の活動を行っています。

  • 月1回の定例勉強会
  • トレンド物件実査会(様々な物件を見学)
  • 親睦会

また、美濃大家の会では日本不動産コミュニティ(J-REC)の認定講座を導入しており、不動産実務検定の講義とセミナーによって賃貸管理運営に関する知識・技能を学べるようになっています。講義・セミナーは年間6回。メルマガも発行しており、会員には以下の種類があります。

  • メルマガ会員(会費無料)
  • 正会員(個人会費10,000円/年)
  • 賛助会員(個人会費10,000円/年、法人会費20,000円/年)

会長はJ-RECの公認不動産コンサルタントである佐藤光久さんが務めており、不動産コンサルタントを初めとする多くのプロフェッショナルとつながりを持てるのが美濃大家の会の特色の1つとなっています。
なお、美濃大家の会ではFacebookページも運営しており、美濃大家の会サイトのニュースページとリンクしているセミナー情報などに素早くアクセスすることができます。

毎週水曜 ZIP-FM 23:30~24:00