第36回 2020年1月29日放送

『OH!YA!!』 2020年1月29日にご紹介する大家さんは杉村八千代オーナー。

前回の続き・・・

青葉
 今週も名古屋市の杉村八千代さんに登場していただくんですけどもね。すごいですよ。番組始まって以来の元気玉みたいな方ですからね。

清里
 いやあ、すごいパワーのある大家さんでございます。

角野
 鉄砲玉。

青葉
 きょうはタイトル『寿アパート』ですから。楽しみにしたいと思います。杉村さん、もしもし。

杉村
 もしもし、杉村です。よろしくお願いします。

清里・角野
 よろしくお願いします。

青葉
 ありがとうございます。先週もですね、本当にパワフルな話を聞かせていただいて。

清里
 どんだけエピソードがあるのかっていうぐらい。

青葉
 しゃべってるだけでね、顔がほころんでくるというかね、幸せな気分になるんですよね。寿アパートっていうことは、それぐらいやっぱり恋が成就しちゃったりするアパートなんですか。

杉村
 どうなんですかね。今まで彼女できなかった子が引っ越してきて、急に出会いがあって「彼女ができた。大家さん」って連絡があったり、30代超えて結婚できなかったけど、引っ越して来たら、彼氏ができて引っ越してっちゃったり、「家建てるわ」って言って、給料が上がったからって家、建てちゃったりとか。

青葉
 なるほど。ラブだけじゃなくて。そんな、お仕事充実も。

角野
 運気が上がってるってことだね。全体的に。

清里
 上がる感じですよね。

杉村
 そうなんですよ。ありがたいことに。どのアパートもそうなんです。

青葉
 先週ちょっと終わり際ぐらいに、入所者の方とよく飲みに行くとかって話が途中でありましたけれども、デートに立ち会ってくれとか、ちょっと彼女、紹介したいから、みたいなのもあるんですよね。

杉村
 お友達とかに私の話をするみたいなんですよね。そうすると会いたがるみたいなんですよ。それで来てくれない?みたいな。

角野
 いいネタになってんだね。

杉村
 でも、のこのこ出掛けてくんです。

青葉
 すごいよね。俺、友達とマンションの大家さんの話した事、一度もないけどね。

清里
 すごい。ちゃんと話題になるから。

角野
 ないよね。今、住んでるとこの大家さんが、ちょっと変わっててさ、みたいな話なわけでしょ。だから。まずは。パワフルだね、みたいな。で、会ってみたいっていう話だよねこれ。

清里
 すごいパワフルな人なんだよね、みたいな。

杉村
 就職でなんか困ったことあると、電話かかってきたりするんですよ。仕事探してほしいとか、ダンサーになりたいって言って、レゴランドでダンスしてた子がいるんですけど、その子が「大家さん、見に来て」って言ったんですよ。合格してうれしいから。レゴランドとユニバーサルスタジオとディズニーランドって三つの大きな目標らしいんですよね。ダンサーにとって。

青葉
 やっぱ、そこがそうなんだ。

清里
 ダンサーの中でも、そうですよね。

杉村
 そうなんです。だから、すごく練習してて。「見に来て、見に来て」って言うんで、呼んでもらって、レゴランドまでダンス見に行って。たまたま、家族たちも見に来てて、その子の。一緒に盛り上がったっていう、なんかすごいよかったですあれも。

青葉
 そっか、そこの親御さんとかも会ったりとかして。

杉村
 そうです。「大家です」ってあいさつして。

角野
 で、また仲良くなって。もう安心だわ。

青葉
 親は安心よ、これは。

清里
 2人目の親みたいな感じですからね。すごいなんか、恋もあり、夢もあり。

杉村
 はい。もう夢かなえてくれるの、すごいうれしいです。

青葉
 しかもあれですよね。僕、このエピソード、絶対聞こうと思ったんですけど、オーストラリアに行く方がいたんですよね?

杉村
 電話がかかってきて「大家さん、洗濯機壊れちゃったけど、4カ月後に出てくから買いたくない」って言うんですよ。「そりゃそうだ」って言って。

角野
 そこで、「そりゃそうだ」が偉いよね。で?って言いたいもん、俺はね。

青葉
 洗濯機ってぜいたく品じゃないじゃん。必需品じゃん?

角野
 なんで私に言うの、みたいなふうに、おやっとなっても。

清里
 あってもいいですしね。

杉村
 確かにその通りです。

青葉
 そこでとった、杉村さんの行動が。

角野
 じゃあ任しとけと。

杉村
 「ちょっと待ってて」って言って、知り合いのリサイクル屋さんに電話して「4カ月4000円で洗濯機貸してくれない?」って頼んだら、普通、売るとこなんですけど「まあ、いいよ」って言って貸してくれて。

清里
 すごい。「まあ、いいよ」ってなるんですもんね。

青葉
 4カ月4000円てことは、1カ月1000円てことですか。

清里
 コインランドリーよりも安い。

杉村
 「明日から洗濯困るから、大家さん、どうにかしてよ」って言うから「いや、分かったよ」って言って、その業者さんに「すぐ持ってってあげて」って言って、すぐ持ってってもらって。「壊れた洗濯機も引き上げてきてよ」って言って、それも無理やりもらってもらって。

青葉
 あれなんですよ。巻き込み上手なんですよ、杉村さんは。

清里
 杉村さんの人柄でいろんな方が集まって。自然にこう、いい感じにサイクルされて。

杉村
 本当、みんなのおかげで、なんか。私、お金がないから、一生懸命交渉するばっかりなんですけど。

角野
 素晴らしいですね。

青葉
 杉村さんとしゃべってると、お金だけが全てじゃないんじゃないかなっていうことを、改めて気付かされますよ。自分だけの成功じゃなくて、自分と関わった人たちが成功して、初めて人って成功なんだって。

杉村
 いいこと言います。

清里
 何ですか、その名言。

青葉
 らしいよ。それを本当に持続させていくっていうことが、人としてのあるべき姿らしいよ。

清里
 一人じゃできなくて、いろんな方の支えがあってこう、一つになってるってことですもんね。

青葉
 本当に杉村さん、体現されてますよ。このままその持ち前のパワーで突っ走ってください。いつか本当に、お会いできるのを楽しみにしてます。チーム杉のね。

杉村
 ありがとうございます。私も楽しみです。

清里
 お会いできそうな気がします。

青葉
 お会いできそうな気するよね。ということで、本当に2週にわたって、杉村さん、どうもありがとうございます。

清里・角野
 ありがとうございました。

杉村
 こちらこそ、楽しかったです。ありがとうございます。

青葉
 こちらこそです。それでは、失礼いたします。

杉村
 失礼いたします。ありがとうございます。

毎週水曜 ZIP-FM 23:30~24:00